ぱらぱらと

白いバラ空一面覆う日に人々はアゲハ蝶の羽の上で憩う 夕日の色透け始めた花びらがとうとう朽ちて散る時にアゲハ蝶は飛び立つので人はぱらぱらと落ちていく それはまるで儚く消えゆく彗星のよう

続きを読むread more