2252


何を語り
何を聴く


混沌の鍋
汗流しながら
ただひたすらかき混ぜる

混沌のままある混沌は
かき混ぜることで整然となるわけでなく
ただの混沌のまま

混ざり合うことのない
鍋の中の世界

しかし
混沌の中のある一部
好きなところを指差して
それについて語ることは可能で、
このようにして
混沌の鍋の中の世界は守られ
維持されてきた

混沌の一部から答えを得て語る
それはまるで騙るかの様



この記事へのコメント